スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

ゴルフの予約手順

ゴルフ予約する時にオンラインを使う方は最近増え続けています。
オンラインでゴルフ予約をするのは非常に効率のいい方法です。
そこで、まだオンラインでゴルフの予約した事の無い方のために
その手順などを紹介したいと思います。

予約を間違いなくするためにも、大切な事は参加者の人数や希望の時間帯、
参加者の氏名もメモしておく事です。
ゴルフ予約するクラブによっては予約の際に予約料を(実質内金)
カード決済が必要な所もありますのでカード番号が必要な場合もあります。

プレーの予約申請をしたいクラブをネットで検索してページを開きます。
予約申請を受け付ける窓口で、日時、値段、プレー人数、
移動手段、条件等(補助員の有無、乗用、ランチの有無等)の確認をします。
条件が合えばでんわ、ファックス、電子メール等で確認し、
予約申請を完了させます。

ゴルフ予約を変更や取り消しをする場合もインターネットを
活用するのはとても便利です。
メールでの予約の際にはゴルフの予約確認の連絡にそのまま取り消し、
変更の連絡をする事で照会が早く手続きもスムーズに行う事が出来ます。
メールには受け付け情報から照会が容易に出来るように
システムが対応しているので予約時点でプリントして保存しておくといいでしょう。
category : スポーツ | comments(0) | trackbacks(64)
ページトップ▲

ゴルフのドライバー

ゴルフドライバーはとても重要なクラブです。
コースに出れば、ほとんどの人が使うからです。
また打って距離が出たときのうれしさは
アイアンやパターなどとは違う喜びもあります。
ですが、一振りで大きく差がでるのが、ドライバーなので
選び方には慎重であるべきです。

ゴルフクラブは一見どれもあまり変わらず、
違いがわからないかもしれません。
しかし、今、いかに自分にあったクラブを見つけられるかで
ゴルフの上達が違ってくるといっても過言ではありません。
シャフトの性質、ヘッドの形、重さなど千差万別なので、
わからないときはすぐに店員さんに相談していくべきです。
それで自分にフィットしたクラブを見つけましょう。

最初のうちは「デカヘッド」になっている、
最新のドライバーがとても打ちやすくてよく飛ぶのでオススメです。
なぜならヘッドが大きくなったことと、それを振り回せるように
チタン合金などの超うす技術によって軽くなり、
シャフトも長くすることができるようになったからです。
値段もそれなりに高くなりましたが、ぜひとも持っておきたいものです。

最後に、最近ゴルフ雑誌やゴルフショップなどで、
「SLEルール適合」という文字や青いシールをよく目にします。
これは、2008年1月1日からゴルフクラブのスプリング効果の
性能に関する新しいSLEルールが施行され、
いわゆる高反発ドライバーの使用が禁止になってしまうからです。
SLEルールに適合しているクラブは、低反発ドライバーとも言われています。
ゴルフクラブメーカーもどんどん適合クラブを発表し、
新登場のゴルフクラブのほとんどが適合モデルの低反発ドライバーです。
競技などには縁のない一般ゴルファーには、SLEルールに関わりなく
高反発ドライバーの使用はOKです。

category : スポーツ | comments(0) | trackbacks(59)
ページトップ▲
Page: 1/1   
スポーツ | 流行の情報・スポット発信マガジンサイトトップへ