スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

幼児教育が目指すもの

幼児教育の重要性が注目されていますが、
幼児教育とは知育だけに偏らず、子どもの成長にそって、
子どもの本来持っている生きる力を引き出す手助けをするものです。
しかし、幼児教育の実際は前述の知育の方に力が注がれています。
どうして、幼児教育がいいのでしょうか。
それは近年の脳の発達についての研究がすすみ、
その仕組みがよくわかってきたからです。
早期に幼児教育をすることで、脳の伝達細胞である
シナプスがどんどん増えて、そのネットワークが強化されることが
わかったからなのです。
子どもの脳は胎児期から発達しているので、
妊娠中の女性の食生活や喫煙、飲酒が胎児におおいに影響があるように、
妊娠中に母親がお腹の子どもに絵本を読んだり、
音楽を聞かせたり、話しかけることから、外的刺激を与えて、
脳に刺激が伝わりシナプスの増加へ影響するのでしょう。
大切なのは、幼児教育をして何をめざすかということです。
子どもは何でも吸収しますから、幼児教育を早くから始めると
字や計算だってできる子どもはいます。
しかし自立して生きていく力を育てる手助けをするのが
本来の幼児教育であり親の役目です。
category : 幼児教育 | comments(0) | trackbacks(31)
ページトップ▲
Page: 1/1   
幼児教育 | 流行の情報・スポット発信マガジンサイトトップへ